【金融機関対応力を含む財務支援力を完全に習得しませんか。】[第240回]

(毎週火曜日配信)税理士事務所様の経営を考えるコラム
GPC-Tax本部会長・一般社団法人銀行融資プランナー協会
代表理事 田中英司


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 1.税務+財務=『新・税理士』として
   差別化・収益化できます。
 2.月額+3万5千円~5万円の二階建て
   収益と資金調達は2~3%の収益増です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「6時間でわかる財務支援力習得講座」、
こんなものは存在しません。
「100時間で税理士資格を取得できます」
と同じような過大な偽広告です。

以下のWEB講座(Eラーニング)に、税理士事務所が取組めて、収益化できるスキル・ノウハウが体系的・網羅的・論理的に、すべて実例を使って解説されています。すべての実例にエクセルのひな形が用意されています。類似事案に活用できます。
9講座・延べ30時間、3回受講(100時間)で及第点、5回受講(150時間)で80点(優)=プロの理解度に到達するはずです。自宅で・事務所で、いつでも繰り返し勉強できます。事務所単位のパスを発行します。何人でも受講できます。広報用のメールマガジンやサービスチラシ、バックオフィスとして個別事案の相談対応等々、すべてをパッケージに仕上げています。
スキル・ノウハウを習得して差別化して収益化するソリューションのパッケージが『銀行融資プランナー協会』です。
http://www.good-tax.jp/topics_sv-2.html

◎延べ講座受講数は2千数百名超です。すべて税理士事務所の先生と職員様です。
◎全講座受講で『銀行融資プランナー』に認定させていただきます。

◆講座No.1(飲食業V社の事例)【収録時間:3時間05分24秒】

飲食企業・新規出店資金の調達支援<設備資金>
(融資可否判断、協調融資・金融機関対応ノウハウ…の習得)
4店舗目の出店資金調達相談、1行で満額融資を受けることが難しい場合の協調融資による資金調達事例。
(融資は受けられそう、希望金額大、協調融資を実行)

◆講座No.2(広告企画業C社の事例)【収録時間:3時間12分23秒】

借換えによる資金繰りの改善支援<借換資金>
金融機関への返済が厳しくなってきた先からのリスケジュール相談、既存借入の一本化と返済期間の長期借換えにより、リスケを回避した事例。
(リスケ相談、直近決算赤字、足元回復、リスケではなく新規の資金調達を実行)

◆講座No.3(飲食業O氏の事例)【収録時間:3時間31分02秒】

個人事業主・創業資金の調達支援<創業資金>
(ボーダーラインの創業融資事案、融資要件懸念大、希望金額大)
新規開業資金の調達相談、金融機関の懸念材料を払拭する案件構築と、協調融資による資金調達事例。
(創業融資要件の行間を知る、自己資金要件、事業総額予算要件に懸念大、希望金額大、協調融資を実行)

◆講座No.4(製造業K社の事例)【収録時間:3時間08分54秒】

リスケ先・借換えによる正常化支援<借換資金>
リスケ先からの資金調達相談、他行肩代わり融資によるリスケの解消と同時に、公庫巻き替えによる資金調達事例。
(リスケ中、リスケ解消と同時に超長期資金の調達)

◆講座No.5(食品加工業M社の事例)【収録時間:3時間01分40秒】

資金繰り円滑化サービス<キャッシュフローの番人業務>
借入が困難な先からの資金調達相談、銀行から融資が受けられる企業となるための目標設定・資金繰り計画・進捗管理事例。
(財務部長の役割、借入不可能な会社様の継続支援)

◆講座No.6(飲食業W氏の事例)【収録時間:3時間13分18秒】

個人事業主・新規出店資金の調達支援<設備資金>
開業4年目、2号店の出店資金の調達相談、調達希望金額が企業規模に対して大きい場合の協調融資による資金調達事例。
(個人事業者様の財務分析、融資は受けられそう、希望金額大、協調融資を実行)

◆講座No.8(ブライダル業S社の事例)【収録時間:2時間48分03秒】

リスケによる資金繰りの改善支援<リスケ対応>
金融機関への返済が困難となった先からのリスケジュール相談、経営改善計画書策定と、各金融機関に対する説明補助により、1年間の返済猶予を受けた事例。
(借入れ直後のリスケ要請、難航する金融機関対応、最適スペックの経営改善計画書)

◆講座No.9(広告企画業P社の事例)【収録時間:2時間37分31秒】

資金繰り円滑化サービス<キャッシュフローの番人業務>
業績が急激に伸びている関与先からの資金繰り相談、当協会が推奨するキャッシュフローの番人業務の実務事例。
(財務部長の役割、継続的な関与・金融機関対応・資金調達)

◆講座No.10(ネット通信販売N社の事例)【収録時間:2時間34分23秒】

成長する創業者との上手なお付き合いの方法〈二階建て受注の流れ〉
個人創業、法人なり・1期目期中追加融資、税務顧問に『財務顧問・資金繰り円滑化サービス』の追加受注。『財務顧問・資金繰り円滑化サービス』の様々な業務を習得いただくための総合的な事例。
(財務部長の役割、継続的な関与・金融機関対応・資金調達)

『銀行融資プランナー協会』は、税理士事務所向け財務支援プログラムを、唯一パッケージでご提供しています。

 

※以下の税理士・会計事務所様が『新・税理士』ソリューションを導入されておられます。
http://www.bankfinancial-planner.com/madoguchi.html

◆貴事務所も、この機会に
◎株式会社GPC-Tax ⇒『財務支援力』を習得する!
http://www.good-tax.jp/
◎SP経営協会 ⇒『経営支援力』を習得する!
https://www.sp-keiei.com/
とのお付合いを始めてみませんか。お気軽にお問い合わせください。

 


〇 本メルマガへのご意見・ご感想・ご質問はこちらまで>>

このページの先頭へ