【事例紹介3(お試し受講可):個人事業主・創業資金の調達支援(飲食業O氏の事例)】[第299回]

(毎週火曜日配信)税理士事務所様の経営を考えるコラム
GPC-Tax本部会長・銀行融資プランナー協会
代表理事 田中英司


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 …創業融資時の自己資金要件、
  経歴要件の本質の把握!
  創業融資当落ボーダーラインの事例!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

□講座No.3(飲食業O氏の事例)
 【収録時間:3時間31分02秒】

実例、新規開業資金の調達相談、金融機関の懸念材料を
払拭する案件構築と、協調融資による資金調達事例。
(創業融資要件の行間を知る、自己資金要件、経歴要件、事業総額予算要件に懸念大、希望金額大、協調融資を実行)

○創業融資要件、運用の実態…
・経歴要件…公庫のひな型ではなく、A4一枚にしっかり書く
・自己資金要件…要件は9倍、20倍出た事案もありますが、運用は2倍~3倍
・事業総予算要件…(要件には無い)この要件が融資金額の上限を抑えています

○創業計画書の答えは一つです。決まっています。
・創業計画書で示す、返済後資金黒字時点の売上高の実現可能性・信憑性
・創業計画書のひな型をご提供、今後使えるエクセルもご進呈
・創業時も使える複数行から同時に調達を図る「協調融資」の進め方
・「協調融資」は二行、三つの財布から…二行、三つの財布とは?
・税理士事務所が金融機関と直接折衝を行う、銀行同行は絶対しない
・資金調達を事務所収益に変えるために、ノウハウは無料、役務は有料
・『とりあえず創業融資は不要…』この創業者様にも創業融資を

※講座の詳細はこちらから
http://www.good-tax.jp/topics_kk-85.html

※本講座お試し受講・単独受講のお申し込みはこちらから

http://www.good-tax.jp/topics_sv-24.html

※以下の税理士・会計事務所様が『新・税理士』ソリューションを導入されておられます。
http://www.bankfinancial-planner.com/madoguchi.html

 

◆貴事務所も、この機会に

◎株式会社GPC-Tax ⇒『財務支援力』を習得する!
http://www.good-tax.jp/
◎SP経営協会 ⇒『経営支援力』を習得する!
https://www.sp-keiei.com/
とのお付合いを始めてみませんか。お気軽にお問い合わせください。

 


〇 本メルマガへのご意見・ご感想・ご質問はこちらまで>>

このページの先頭へ