講座No.10(ネット通信販売業N社)
成長する創業者との上手なお付合いの方法

WEB講座、3時間強でわかる!
税務に財務(金融機関対応)を付加する「新・税理士」業務の全容は…

実例、個人創業から3年目、年商2億円までの成長を支える財務部長「資金繰り円滑化サービス」の
様々な業務をトータルでお伝えする事例。(財務部長の役割、継続的な関与・金融機関対応・資金調達)

本件からつかむポイント

  • 創業融資、法人成り決算時の(金融機関目線の)注意点とは。
  • 金融機関を味方につける方法とは。
  • 財務部長代行業務の具体的な内容(オペレーション)は。

ご相談の経緯

以前に創業融資をお手伝いした関与先様からの紹介案件。創業融資を受けたいとの相談で来所。創業融資300万円を受けて個人創業し、その後業績が伸びたため半年で法人成り、法人1期目の決算を終える直前に700万円の追加融資を受けることに成功。
さらに2期目の期中に500万円のプロパー融資を受けることが出来たもの。

経緯
1

ご相談の概要

  • 会社名:N社
  • 業種 :ネット通信販売業
  • 状況 :創業初年度売上高1億3,000万円を計上し、資金需要が旺盛。
概要
2

契約の内容

  • 【当  初】 税務顧問(起業家プラン)月額25,000円
  • 【1年後】 税務顧問35,000円+資金繰り円滑化サービス15,000円 = 月額合計50,000円にステップアップ⤴ ⤴
内容
3

財務状況

  • 年商    1億3,000万円
  • 経常利益      700万円
  • 純資産       600万円
財務
4

当事務所での対応

  • 創業して間もなく「広告費に200万円を費やしても大丈夫か?」との質問があり、回答するには資金の流れを把握する必要があるが、資金繰り予測は税務顧問サービスの範疇外であることを説明、資金繰り円滑化サービス(財務部長代行サービス)の導入を提案したもの。
  • 仕入は中国への事前送金であるため、資金が無くては事業を拡大できないことが判明。
    金融機関に応援してもらえる企業になるため、しっかりとした財務管理体制の構築に努めた結果、増加運転資金の複数回の調達に成功した。
対応
5

要 点

資金調達をスポットで支援することが本質ではありません。
「新・税理士」は、エンドレスにクライアントをサポートしています。
クライアントとは縁が切れない関係になります。その理由をお伝えします。

○様々なニーズを継続して解決します。(継続しているから解決できます。)

  • 個人創業融資の調達
  • (財務的に正しい)法人なり
  • 1期目期中の追加資金調達(「決算を締めてから」(金融機関)はこう言いますが…)
  • 資金需要旺盛な会社様の決算業務、そのポイントは…

○投資発生時の資金繰り計画の作成業務について

  • 経営分析シート、「資金繰り計画書」活用方法の詳細を解説します。
  • 経営分析シート(全編)の詳細を解説します。
  • 経営分析シート(全編)をエクセルでご進呈します。

◆『新・税理士』を提唱します

◆『資金繰り円滑化サービス』で、差別化と単価アップを実現してください!

『新・税理士』としての具体的な新サービス、『資金繰り円滑化サービス』を確立し、協会の正会員税理士事務所様が受注して事務所経営のさらなる発展に寄与することが目的です。
新サービスを始めていただくためのノウハウ・ツール・クライアントやクライアント候補、さらには金融機関への情報配信や営業ツール、契約書のひな型等も提供いたします。

  当協会は、営業力ではなく、商品・サービス力での明確な差別化の実現を目指しています。  

銀行融資プランナー協会へご入会・Web金融機関対応力習得研究会講座について(ご案内)

ご入会に必要な初期費用(導入サポートと研修費用)・月会費(継続サポートとライセンス使用料)の詳細、および「お試し単独受講」の詳細はこちらにに掲載しています。
               ↓↓↓                              ↓↓↓